「保険通信簿」であなたの会社のリスク対策診断! | 足立区綾瀬の保険と経営相談のお店 保険情報ステーション
会社の保険 保険情報ステーション > 「保険通信簿」であなたの会社のリスク対策診断!

「保険通信簿」であなたの会社のリスク対策診断!


多くの中小企業が加入している「保険」を客観的に見ると、
単体では問題がない様に見えても、
企業活動における5つのリスク(財産、人、利益、賠償、自動車)対策として
全体的な位置づけで見てみると、
以下のような問題点が多数見受けられます。


 □保険加入目的が不明確になっている

 □補償(保障)に漏れがある

 □万一の際の保障額が明確でない

 □保険自由化の恩恵を受けていない

 □請求漏れに繋がる管理方法になっている

 □メンテナンスがされていない



損害保険や生命保険は時間の経過とともに、
本来の目的と乖離された加入状況が散見されます。


結果、多額の保険料だけが毎期払い込まれている例も 少なくなくありません。




これでは経費の無駄遣いです。




この経費削減を売上増加と比較した場合の効果を
「売上高経常利益率」を使って考えてみます。



経常利益を売上高で割った売上高経常利益率は、
企業活動で得た利益(経常利益)が
売上高に対してどれくらいあるのかを表した指標です。

売上高経常利益率 = 経常利益 ÷ 売上高 × 100




経費削減は経常利益の増加につながります。

つまり「経常利益をいくらの売上高で稼いだか」という
売上高経常利益率の計算式を逆に考えると、
「経費削減がどれくらいの売上高に匹敵するか?」が分かります。

売上高 = 経常利益 ÷ 売上高経常利益率 × 100




中小企業庁の「中小企業の財務指標」(平成19年)によると、
全産業の売上高経常利益率は1.0%ですから、

わずか10万円の経費削減が
1000万円の売上高に匹敵
することになります。




たとえ削減できる金額はわずかだったとしても、
利益効果として考えると非常に大きいのです。


■売上高経常利益率データ 出所:中小企業庁「中小企業の財務指標」(平成19年)

全産業建設業製造業情報通信業運輸業
1.0%0.9%1.7%1.6%1.1%
卸売業小売業不動産業飲食・宿泊業サービス業
0.8%0.3%4.1%0.2%1.3%






◆保険通信簿とは?


「いざという時に役に立たない保険」にならないよう、
まずは複数加入の現状把握を客観的に行う必要があります。



当社は現状把握から対策案まで支援させていただきます。




保険情報サービスのオリジナル「保険通信簿」では、
企業が抱えるリスクを
「財物・賠償・自動車・利益・人」の5つの基本リスクに、
事業承継・各諸規定などの様々なリスクを組み入れた
あなたの会社だけのリスクマップです。



赤(止まれ)から青(進め)白色(必要なし)の5段階評価で
あなたの会社の現状を評価いたします。



この「保険通信簿」は「保険ありき」ではなく、
それぞれの企業が独自に有している
「リスクと対策」について評価したものです。




◆保険通信簿の内容


 1.御社の5リスクを「一目でわかる表」の作成によるリスク把握

 2.御社の損害保険、生命保険の個別明細書作成による詳細把握

 3.生命保険経過表による支払保険料累計額やキャッシュバリューの
   個別把握と全体把握


 4.御社のリスクと加入保険の有効活用状況の診断書作成


一目でわかる表 一目でわかる表
想定されるリスクについて、完璧(要改善点なし)、重大な不備なし、一部不備あり、重要だが保険手当なし、必要なしの5段階で評価。
生命保険推移表 生命保険推移表
現在加入する保険について、支払保険料や実質返戻率、解約時益金算入額などを年度ごとに表とグラフでわかりやすくまとめて表示。



※必須項目です 保険通信簿作成サービス
御社名  例:保険情報サービス株式会社
お名前  例:保険 太郎
電話番号  例:03-5682-7733
メールアドレス  例:info@hoken-joho.co.jp


ご入力いただいた情報の取り扱いにつきましては[個人情報保護方針]をご参照ください。


お急ぎの場合は直接お電話にてお問い合わせ下さい。
03-5682-7733 (受付:10時〜19時 土・日も営業しています)

会社の保険 保険情報ステーション